物事に失敗はつきものですがただで失敗する程、
無意味かつ無駄な時間はありません。

失敗から学び知識をつけて財産とすることが必要だと思います。

前職では失敗はたくさんしてきました。

191ccc918fe685b6cc94e18adf8a1803_t

解決し第一に会社の利益を考え周りはどのようなスタイル、考えなのかを常に考えていきました。
そのばしのぎで成立させるため仕事のチームワークもあるので意見も曲げることは
多々ありました。

しかし日々の仕事に疑問を覚えてしまって今に至ります。

やはり人の考えている事は10%もわからず言っている事やっていることがなかなか噛み合わない、
そんな中で副業を始めたのがきっかけです。

失敗には種類があると思っています。

単純な失敗。
例えば包装ミス、記入ミス、コピーミス、

伝達ミス
これは話を聞いていない、二回聞けない、相手も一回で聞けと威圧する、わかったふりをする、段取りが悪い、様々な要素や要因が重なり合って伝達ミスといううものはできます。

img_c830dc37b4bb3a4eb268cdbc0b604381102805

それでも人それぞれ性格がありますのでチームワークというものは人格を抑えつけたり、みんなで目標に向かっていかないとチームワークなんて成り立つわけがありません。

単純なミスは訂正して直せばいいのです。
しかし単純なミスというのは単純かつまったく違うことを行ってしまいますので、気づきやすいですが、気づかなかったときは時に重大な失敗へとつながります。

そして2回、3回と負の連鎖緊張したり、フラッシュバック、精神の弱い方に連続して起こってしまいます。

心無い方、もしくは流されて周りと一緒に攻め路頭に迷ってしまうでしょう。

この間にも無意味なミスは何度も起こりお互い何をしたいのか、
例えば自分から辞めさせたいのか、自分は関係ない。俺には家族がいる、俺までミスするから邪魔するな、余計な考えをさせてしまう原因にもなります。

もちろんそんなことを考える輩が悪いのですが、現代の法律や日本の経済状況などを考えると
無意識的に考えてしまうものです。


失敗をなくすには2つ考えがあると思っています。

自分の仕事だけ考え怒られないようにする。
これはもちろん誰しもが実行していると思います。

余裕を持つこれは結構難しいです。
余裕を持つと人によっては頼りなくあほっぽく見られますが、
余裕の持ち方によっては頼られます。
そしてまわりも安心して仕事ができるようになります。
img_78022b68e66c6ae629154ad0687f8365616416

最後に人は何を考えているか分かりません、
この世には間違ったことはありますが、正解はないのです、
今回の記事もすべて受け止めるんではなく参考にしてください。